紀の国わかやま国体の開催に向けて

 平成27年の第70回国民体育大会が和歌山県で開催されることが、本年7月、公益財団法人日本体育協会理事会において、正式に決定されました。和歌山県での開催は、昭和46年の黒潮国体以来、44年ぶり2回目となります。
 今回の国体は「紀の国わかやま国体」と名付け、四つの基本目標、「和歌山を元気にする国体」、「国体を契機としたスポーツの振興」、「活力に満ちたふるさとづくりに寄与する国体」、「和歌山の魅力を全国に発信する国体」を掲げ、開催準備に取り組んでいます。
 国体を開催することで、県民全体がスポーツを通じて夢と感動を共有し、国体後も県内各地域にスポーツが根付き、県民の誰もがスポーツを楽しむことができるように努め、「スポーツ王国・和歌山」を復活させたいと考えています。
 さらに、前回の黒潮国体は、おもてなしの心など、創意と工夫により参加者から好評を博しました。今回の国体も、訪れる競技者や観客等を、心を込めてお迎えし、人々の記憶に残る癒しと感動を提供したいと考えています。
 また、基本目標を達成するためには、県民総参加の大会とすることが重要であると考えており、本年9月9日には、国体開催が正式に決定したことを受けた記念イベントを開催しましたが、岐阜国体へ出場する和歌山県選手団、ジュニア選手、日頃から県内で花いっぱい運動を行っているNPOや小学校、健康づくりに取り組んでいる老人クラブ、心を込めたおもてなしを行っているホテル従業員など、あらゆる立場の方の御参加をいただきました。さらに、ロンドンオリンピックに出場された選手等にもゲスト参加いただきました。
 国体開催を契機に、全国に和歌山県の魅力をアピールするとともに、スポーツを「する」「みる」「支える(育てる)」といった多様な関わり合いを通じて、県民が夢と感動を共有し、「元気な和歌山」の実現を目指します。

お問合せ
紀の国わかやま国体 
 平成27年9月26日(土曜日)~10月6日(火曜日)
紀の国わかやま大会 
 平成27年10月24日(土曜日)~10月26日(月曜日)