「横尾忠則現代美術館」が11月3日にオープンします!!

 3,000点以上に及ぶ横尾忠則さんの作品やアーカイブ資料を有する「横尾忠則現代美術館」が、いよいよ平成24年11月3日(土曜日)・文化の日にオープンします。
 この美術館の建物は、昭和57年、日本を代表する建築家であった村野藤吾の設計により、兵庫県立近代美術館の西館として整備されたもので、平成14年の県立美術館開館後は、原田の森ギャラリー西館として親しまれてきました。平成21年度より、ふるさと兵庫にゆかりのある作家の作品を展示する場として改修が行われていましたが、平成23年9月、本県西脇市出身の世界的美術家である横尾忠則さんとの間で作品の寄贈・寄託に関する基本的な合意が整い、この度新たな美術館としてスタートすることとなりました。
 近代美術館以来の風格ある展示スペースがリニューアルされ、新たに貴重な資料を保管するアーカイブルームや、開放的なオープンスタジオも設けられました。さらに、神戸らしいおしゃれなカフェが今年8月17日に先行オープンしました。
 記念すべき最初の展覧会は「横尾忠則展『反反復復反復』」です。横尾作品の大きな特徴として、ある特定のモチーフが繰り返し何度も描かれることが挙げられます。60年代の代表的な絵画シリーズ「ピンクガールズ」は、90年代以降、近年にいたるまで断続的に描かれています。また2000年以降の代表作「Y字路」シリーズでも、特定の場所が何度も描かれ、全く同じ構図でありながら、街並みの変化や季節ごとの樹木の成長具合など、微妙な差異が描き分けられています。同様の例は枚挙にいとまがなく、あたかも音楽における"主題と変奏"を想起させます。当館ではこれからも横尾芸術の素晴らしさを紹介する展覧会を、様々な切り口で繰り広げていきます。どうぞ御期待ください。

お問合せ

  • 開館記念展I 横尾忠則展「反反復復反復」
    平成24年11月3日(土・祝)~平成25年2月17日(日曜日)
  • 横尾忠則現代美術館
    〒657-0837兵庫県神戸市灘区原田通3-8-30
    電話番号078-855-5602
    HP http://www.ytmoca.jp