「いいね!ふくしま」 若者による情報発信

福島の元気を若者目線で発信!

 福島県では、学生など若者の感性で、ウェブやイベントなどを通じ"ふくしまの今"を伝える活動を行ってもらう、若者による情報発信事業「いいね!ふくしま」を開始しました。
 若者の感性で「ふくしまの元気な姿を全国に発信したい。」このような思いを持つ、学生などの県内外の8団体が、

  • facebook、Twitter、ブログなどのウェブサイト
  • 学園祭などのイベント
  • 福島県の観光物産をPRする映像の作成
  • ふくしま浜沿い観光マップの作成 

など様々な手段を通じて、それぞれ独自のアイディアで"ふくしまの今"の情報発信を行います。

"ふくしまの魅力"を伝えたい!

 その一つである学生団体あいべ福島プロジェクトは「福島に恋をしよう。」をスローガンに、同世代の学生たちに福島を"好き"になってもらうキッカケを作る活動をしています。この夏休みには、首都圏の大学生向けに、県内観光施設の見学や果物狩りな
ど福島県の魅力を体験できるツアーを開催しました。また、都内のカフェで実施した「福cafe」では、福島県の野菜や果物などをふんだんに使ったメニューを企画。食べることを通して、多くのお客様にふくしまのおいしい魅力の発信を行いました。

ふくしまのファンを増やしたい!

 このように福島県では「ふくしまからはじめよう。」のスローガンの下、県民一体となって復興に取り組んでいます。この情報発信を通じて、ふくしまの「魅力」と「今」をたくさんの人に知ってもらい、「いいね!ふくしま」と共感するふくしまファンが全国に増えてほしいと考えています。

お問合せ
福島県広報課
電話番号024-521-7014