もっと野菜プロジェクト(MYP350)「もっと野菜を食べようチャレンジ週間」実施!

 がんのリスクを低減し、肥満や糖尿病の予防に効果が期待できる野菜の成人1人1日当たりの摂取量は、350~400g程度とされていますが、「県民健康・栄養調査」の結果をみると、特に若い世代で不足している状況です。そこで、本県では、今年度「もっと野菜プロジェクト(MYP350)推進事業」を立ち上げ、野菜摂取の促進に取り組むこととしました。

※「MYP350」は、もっと(M)野菜(Y)プロジェクト(P)の頭文字に、野菜の1日必要量350gを組み合わせた名称です。

 その取組の一環として、広く県民に野菜摂取の必要性を啓発するとともに、県民1人1人が楽しみながら野菜摂取量を増やすことができるように、「もっと野菜を食べようチャレンジ週間」を実施しました。
このチャレンジ週間は、チャレンジャーが自由に決めた1週間の間に、食べた野菜料理に応じてポイントを取得するもので、野菜摂取量約70g相当を1ポイントとして、1日5ポイント以上の野菜摂取を目標に取り組んでいただきました。

 この取組を通じて、野菜の必要量はどの程度で、どのようにしたら摂取できるのかを体感していただくことで、野菜を食べる習慣の定着につながったのではないかと考えています。
 なお、今後は、野菜摂取促進のための冊子等を作成するとともに、これを活用し、企業や団体と連携しながら、様々なイベントや健康教室、商店街やスーパー、大学等における野菜摂取促進の普及啓発活動等の取組を展開することとしています。


お問合せ
石川県健康推進課
電話番号076-225-1584