吉野・高野・熊野の国「みちの旅」してみませんか?

 高野山から、奈良県の野迫川村・十津川村を経て熊野本宮へ至る世界遺産、熊野古道の小辺路。行けども行けども山深く、途中には果無という地名もあるんです。和歌山県の中辺路や三重県の伊勢路と共に、熊野古道をたどれば、日本の原風景とも言うべき景色と、あたたかい人々に出会うことができます。
 そんな熊野古道の観光や宿泊情報を発信するのが「みちの旅」キャンペーン!

 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」を中心とした紀伊半島地域の観光振興と、地域活性化を目指して、奈良・三重・和歌山の3県が平成22年から一緒に取り組んでいる「吉野・高野・熊野の国」事業の一環として行うキャンペーンです。
 歴史ある熊野古道の石畳を歩いてみませんか?

  • 旅行雑誌「じゃらん」関東・東北版11月号に小冊子を挟み込み!
    ~観光情報・素敵なプレゼントが凝縮~
  • webのじゃらんnetでもキャンペーンページを開設!
  • 「NipponArchives美しき日本~世界遺産熊野古道~」で人と熊野古道の結び付きを描く映像を配信!
  • 東京駅八重洲口北で観光PRイベントを開催!
    ~11月16日に東京駅「いちばんプラザ」で「吉野・高野・熊野の国」をアピール。


お問合せ
奈良県南部振興課
電話番号0742-27-1515
「じゃらんnet」URL
http://www.jalan.net/jalan/doc/news/button/0286704101/
「NipponArchives美しき日本~世界遺産熊野古道~」URL
http://nara.utsukushiki-nippon.jp/