岡山発!グローバル人材育成事業の開催!~イングリッシュランド・キャンプ~

 岡山県では、急速に進展するグローバル化に対応できる人材の育成が急務であることから、子どもたちの異文化や世界への関心と英語の学習意欲の向上を図るため、小中学生を対象とした「岡山発!グローバル人材育成事業」を今年度から新たに実施しています。
 中学生を対象としたイングリッシュキャンプでは、会場の特別史跡・閑谷学校に51人の中学生が集まり、外国語指導助手との共同生活の中で、宝探しゲームなどの野外活動やスキット(短い劇)の実演など、英語漬けの1泊2日を過ごしました。参加者からは、「あまり英語が話せなくても度胸があればなんとかなると気付いた」「英語は楽しい! もっと英語で話したい」など、英語でのコミュニケーションを実践できた充実感と、英語学習への意欲の向上をうかがわせる声が多く聞かれました。
 また、小学校高学年を対象としたイングリッシュランドでは、県内の3会場に合計150人の小学生が参加し、ネイティブスピーカーと一緒に、体や身近な物を使っての音楽づくりや海外の子どもの遊びなどを、英語を使って楽しく体験しました。日帰りの短い日程でしたが、参加者からは、「外国人の先生と友達になれて楽しかった」「外国の文化や英語をもっと知りたい」などの感想が寄せられ、英語に対する興味や異文化への関心を高める貴重な経験になったと考えています。
 今後は、より多くの小学生や中学生がそれぞれの地域でこのような機会を気軽に体験できるよう、内容をパッケージ化して提供するなどのサポートを通じて、市町村やNPOなどが主体となった取組を促進していきたいと考えています。