メイド・イン高知を全国発信!~ものづくりの地産地消から地産外商への展開~

 第2期高知県産業振興計画の重点的な取組として、さらに対策を強化した「ものづくりの地産地消」と「地産外商」。これらは、メイド・イン高知の製品を数多く生み出し、県内で活用することに加え、全国に販路を広げていくことで、県経済の浮揚に大きな効果をもたらす重要な取組です。
 県と公益財団法人高知県産業振興センターでは、昨年6月にものづくりに関する総合相談窓口「ものづくり地産地消センター」を設置し、支援策の紹介や事業者間の橋渡しなどを行ってきました。その結果、新たな食品加工機械の製品化や、生産者と食品加工業者とのマッチングによる商品化につながるなど、「ものづくりの地産地消」の取組の具体的な成果が現れています。
 さらに、今年度は、産業振興センターに新たに外商支援部を設け、販路開拓支援員を2名増員。総勢15名で県内企業の「地産外商」の活動を積極的にお手伝いしています。
 このほか、全国への販路開拓や営業活動に積極的に取り組んでいる企業の製品について掲載した「高知県外商支援製品カタログ」の作成や、見本市への出展支援、個別の営業サポートなどに取り組んでいます。
 これらの取組について、詳しくは、HPを御覧いただくか、お問合せください。

 

お問合せ
公益財団法人高知県産業振興センター
電話番号088-845-7110
HP http://www.joho-kochi.or.jp/