2012かごしまの新特産品コンクールの入賞商品が決定しました!

 鹿児島県では毎年、多様化する消費者ニーズに対応した売れる商品づくりを促進するため、鹿児島市や鹿児島県特産品協会と合同で「かごしまの新特産品コンクール」を開催しています。
 8回目となった今回のコンクールには、食品部門に130品、工芸品部門に62品の出品があり、出品企業数としては過去最高と並ぶ180社、そのうち新規に出品した企業数が80社(44.4%)に達するなど、新たな特産品を創出するというコンクールの趣旨が県内企業に浸透してきています。
 また、平成26年1月12日に大正3年の桜島大噴火からちょうど100年を迎えることから、桜島大正噴火100周年事業実行委員会と連携して火山の恵みを生かした新商品を募集したところ、火山大国である鹿児島ならではの商品が数多く出品されるなど、地域資源を生かした特色ある特産品の開発も進んでいます。
 今回、栄えある鹿児島県知事賞に輝いた商品は、食品部門では『黒さつま鶏燻製(南薩食鳥株式会社)』、工芸品部門では『本場奄美大島紬裂き織りベスト(有限会社はじめ商事)』でした。また、火山の恵み賞に輝いたのは、食品部門では『桜島灰干し(株式会社樹楽)』、工芸品部門では『ピーチマップ3Dポストカード(有限会社徳田屋書店)』でした。
 これらの入賞商品は、鹿児島県内はもちろん、首都圏の百貨店などにおいて、全国の流通関係者や消費者の方々にPRを行います。
 過去の入賞商品には、人気テレビ番組で取り上げられて年間100万個を売り上げるまでになった『生クリーム入り冷たいメロンパン(有限会社クレア・ファータ)』など大ヒット商品も誕生しており、今回の入賞商品もヒット商品になるよう、県としても様々な販路開拓支援を行うこととしています。


お問合せ
鹿児島県かごしまPR課
電話番号099-286-3050