全国最多3地域!今、ジオパークが熱い!~八峰白神、男鹿半島・大潟、ゆざわ~

ジオパーク?

 皆さん、ジオパークという言葉を知っていますか?パーク=公園とは分かるけど、ジオって何?と思われる方が多いのではないでしょうか。ジオパークとは、地球や大地を表す「Geo」と公園を表す「Park」からなる新しい言葉です。地質学的に重要な地層や地形だけではなく、大地に関わっている歴史や文化、生態系も含まれ、日本ジオパーク委員会の審査をパスした地域だけがジオパークと名乗ることができます。国内25地域の内、秋田県内では全国最多の3地域がジオパークとして認定されており、優れた地質遺産等を保全するとともに、観光等にも活用し地域の活性化を図ろうとしています。

県内3地域のジオパークを御紹介します

 八峰白神ジオパークは、世界自然遺産・白神山地の海岸部を中心としたエリア。ジオスポットとして、「黒い砂浜(ブラックサンドビーチ)」や階段を連想させる「海岸段丘」がおす
すめです。男鹿半島・大潟ジオパークは、日本海形成のドラマを見ることができるエリア。ジオスポットとして、噴火でできた標高355mの「寒風山」や沖合200mまで浅瀬が広がり、さながら巨大な「洗濯板」のような景観の「鵜ノ崎」海岸がおすすめです。ゆざわジオパークは、地熱、水、鉱山のエリア。地熱が作り上げた景勝地である「川原毛地獄」や川底の層のすき間や割れ目から高温の蒸気と温泉が噴き出る「小安峡大噴湯」は迫力がありおすすめです。全国の皆さん、是非秋田県のジオパークを体感しに来てください!

お問合せ
八峰白神ジオパーク推進協議会 
電話番号0185-78-2427
男鹿半島・大潟ジオパーク推進協議会
電話番号0185-24-9141
湯沢市ジオパーク推進協議会
電話番号0183-73-2111