「ねんりんピック宮城・仙台2012」を開催しました!

 東日本大震災後、県内で行われる初の全国規模の大会となる「ねんりんピック宮城・仙台2012」を今年10月13日から16日まで、4日間の日程で開催しました。「伊達の地に 実れ!ねんりん いきいきと」を大会のテーマに、60才以上の方々を中心として、子どもから高齢者まであらゆる世代の人たちがスポーツや文化活動を通して交流を深めました。
 県内の7市6町では、18種目のスポーツ・文化の交流大会が行われ、全国から約8,000人の選手や関係者の方々が参加したほか、健康フェアや美術展、また音楽文化祭やシンポジウムなど、ねんりんピックならではのイベントにも多数の方に御来場いただきました。

 大会に参加された方々をおもてなしの心でお迎えし、宮城の元気な姿と復興の確かな歩みを見ていただいたことで、震災後に全国からいただいた御支援に対する感謝の気持ちをお伝えすることができたのではないかと感じています。
 宮城・仙台で生まれた「喜び・ふれあい・笑顔・感動」は、次期開催地である高知県に引き継ぎます。「日本一の健康長寿県構想」を掲げる高知県で来年10月に開催される「ねんりんピックよさこい高知2013」が盛会となることを心から祈念いたします。

お問合せ
宮城県保健福祉部ねんりんピック推進室
電話番号022-266-8143