将来の仕事を考えるきっかけに!「おうみしごと体験フェスタ」

 かつての「職住近接」という生活スタイルから子どもの生活の場と大人の仕事の場が離れ、子どもの頃に仕事を見て、触れるという機会が少なくなっている現状があります。
 このような中、次の世代を担う小学生から中学1年生までを対象に、様々な職業を紹介し、体験していただく「おうみしごと体験フェスタ」事業を平成23年度から始めました。
 本事業は、子どもの頃から仕事を意識してもらうこと、子どもの職業観・勤労観の形成に影響力のある保護者が子どもと一緒に将来について考えてもらうことを目的にしています。
 本年度も滋賀県職業能力開発協会を中心に、地元団体や企業に御協力をいただき、10月13日、14日に「大工さんと一緒に家を建てよう」、「おうみ交番の一日」のほか、48種類の「しごと体験教室」等を開催しました。
 参加した子どもたちは、仕事の報酬として会場内の模擬店で使える「おうみ」(疑似通貨200円相当分)をもらい、楽しみながら社会人生活を疑似体験しました。

お問合せ
滋賀県商工観光労働部労働雇用政策課
電話番号077-528-3755