津波防災の日記念 津波防災講演会を開催!

 11月5日は1854年に安政の南海地震が発生した日であり、本県の偉人である濱口梧陵が稲わらに火を放ち多くの村人を救った「稲むらの火」が故事として語り継がれています。平成23年6月に成立した津波対策の推進に関する法律では「津波防災の日」として定められました。
 津波防災の日にちなみ、和歌山県では11月4日に和歌山ビッグホエール(和歌山市)で津波防災講演会を開催しました。
 本公演会では、東日本大震災の際、後に「釜石の奇跡」と称される避難行動を導いた、群馬大学大学院の片田敏孝教授に「想定外を生き抜く力~大津波から生き抜いた釜石市の子どもたち、その主体的行動に学ぶ~」と題して講演いただきました。
 講演では、東日本大震災を踏まえて発表された南海トラフ巨大地震の新想定の正しい捉え方をご説明いただき、釜石市で防災教育に取り組んだ背景や災害文化を世代間で継承する必要性をお話しいただきました。
 その後、自らの命を守ることに主体的たれという信念に基づき、「想定にとらわれるな」、「最善を尽くせ」、「率先避難者たれ」という、いわゆる避難三原則の重要性を来場者に強く訴えられました。
 東日本大震災の悲劇を繰り返さないために、近い将来発生が懸念される津波災害に対して、和歌山県に住む我々がどのように対峙していくべきか、また、これからの防災がどうあるべきかを再認識するすばらしい講演会となりました。