放て緑の輝き!48年ぶりに全国植樹祭を鳥取県で開催!

 鳥取県は、県土の70%以上を森林が占める緑に恵まれた県です。この森林を守り育てるため、鳥取県内各地では「とっとり共生の森」活動、「森林環境保全税」・「カーボンオフセット」を活用した森林整備など、企業や県民と協働し森林保全活動の輪を広げています。
 そんな中、鳥取県では、全国植樹祭を平成25年5月26日に開催することになり、12月25日まで県内在住者を対象に参加者を一般公募しています。本大会は、「感じよう 森のめぐみと 緑の豊かさ」をテーマとして県内外から約5,000人を招待して、中国地方最高峰「大山」のふもとに位置する日本最大級のフラワーパーク「とっとり花回廊」で開催します。鳥取県での開催は、昭和40年5月に開催した第16回大会以来、48年ぶり2回目となります。
 今回の第64回全国植樹祭では、県民全体で推し進める森林づくりのモデル林を整備し「持続可能な森づくり」を形成するなど、鳥取県独自の取組を行い、環境先進県「とっとり」の活動を県内外に発信します。
 また、第64回全国植樹祭の開催を契機に、県民、企業、ボランティア等の多くの皆さんが環境保全活動に取り組み、自ら行動する県民運動「とっとりグリーンウェイブ」を展開しています。
 この県民運動を第64回全国植樹祭と同じ平成25年に鳥取県で開催される「第30回全国都市緑化とっとりフェア」「エコツーリズム国際大会2013in鳥取」へと発展・承継させ、緑豊かなふるさと鳥取県から「とっとりグリーンウェイブ」を起こします。


お問合せ
鳥取県農林水産部全国植樹祭課
電話番号0859-31-9364
第64回全国植樹祭HP 
http://www.pref.tottori.lg.jp/shokuzyusai/