パークアンドライドで宮島へ快適アクセス

 広島を代表する観光地「安芸の宮島」の玄関口である国道2号宮島口周辺では、毎年観光シーズンに交通渋滞が発生しています。
 地元の廿日市市では、これまでも宮島口周辺地域での駐車場誘導員の配置やパークアンドライド(P&R)の実施により渋滞緩和を図っており、着実に効果を上げつつあります。
 しかし、今年は大河ドラマ「平清盛」の放映などに伴い、観光客数が過去最高を上回る勢いで増加していることから、連休や旅行シーズンの観光客数の増加に備えるため、より広域的な取組が必要であると判断し、今年のゴールデンウィークから、広島県も廿日市市などと一体となってP&Rに取り組むこととしました。
 P&Rの取組については、年度当初は、ゴールデンウィークに向けて緊急的な対応が必要であったため、県が中心となって、JR広島駅北口や広島港に隣接する官有地に臨時駐車場を設置しました。その後、既存施設の有効活用や継続的な実施の観点から、夏以降は、民間事業者の協力もいただき、宮島口に近接する民間商業施設や民間駐車場等を活用したP&Rや、新設航路を活用したP&Rに見直しを行いました。
 また、宮島を訪れる方をP&Rに誘導するための広報についても、年度当初から、ホームページ(HP)の開設、県内外の観光窓口やJR駅・高速道路のサービスエリア
(SA)などへのチラシやポスター配架・掲示のほかラジオ放送(道路交通情報)・広報番組・県が管理するソーシャルネットワークサービス(SNS)でのお知らせなど、あらゆる広報媒体を活用し、多方面への広報を行っておりました。現在では、P&R利用者の御意見などを十分に把握しながら、より分かりやすいものにHPの内容を改善するとともに、県と包括協定を締結している商業施設でチラシの配架を行ったり、SAに説明員を配置し、宮島に向かわれるSA利用者にP&Rの取組や駐車場の満空情報を直接説明する試みも実施しています。
 これまでの「宮島=渋滞」の印象が払拭され、より多くの方に「宮島へ行ってみよう」と思い立っていただけるよう、取組終了後には効果と課題を詳細に検証し、快適なアクセスの確保等に取り組んでいく予定です。

お問合せ
広島県土木局道路企画課
電話番号082-513-3891