「いやし博」後も南予へお越しください!

  4月22日から11月4日にかけて、愛媛県の西南部、南予の宇和島圏域(宇和島市、松野町、鬼北町、愛南町)において開催した「えひめ南予いやし博2012」は、延べ70万人を超える参加者を得て、成功裡に終了しました。
 当初から、イベント後の継続性に力を入れて、地域の歴史と豊かな自然を、住民自らが観光資源として見つめ直し、これを活用して人々を迎え入れる取組を行いましたが、中でも、滑床渓谷をウォータースライダーのように滑り降りる松野町の「キャニオニング」や海中散歩が体験できる愛南町の「シーウォーカー」は、予想以上の人気を博し、今後の観光の核となる体験交流プログラムが誕生しました。
 愛媛県では、宇和島圏域を含む南予地域の観光振興を図るため、地元市町と共に設立した旅南予協議会を中心に、観光事業者や住民グループと連携して、旅行商品の造成や広報・誘客事業を行ってまいりましたが、「いやし博」を契機として、滞在型観光を進めるため、南予の100の宿泊施設情報を盛り込んだ『えひめ・西南の旅 御宿帖』のほか、10月には魅力的な観光資源である温泉施設と周辺の立ち寄りスポットを掲載した『ふだん着の湯 南予温泉帖』を発行したところです。
 さらに、今秋から年度末にかけて、バスや鉄道、旅客船をテーマにした「旅情写真コンクール」や、道の駅や温泉施設などを巡る「南予でにゃんよラリー」を実施するなど、継続して南予に人を呼び込む仕掛けづくりを行っています。
 南予は、温かい人情に育まれ、歴史や古い町並など文化の香りが漂い、豊かな自然や食にも恵まれた素晴らしい地域です。是非、『御宿帖』や『温泉帖』を片手に南予を旅してみてはいかがですか。

お問合せ
愛媛県経済労働部管理局観光物産課
電話番号089-912-2492

 ehime201212_2.jpg