ますますグレードアップ!福井県立恐竜博物館

 恐竜をテーマとする博物館として、国内最大級の規模と人気を誇る福井県立恐竜博物館。秋篠宮御一家の御来館を始め、大型草食恐竜カマラサウルスの全身骨格化石が常設展示に加わったことや、恐竜博物館を舞台に撮影された映画やドラマの公開などが大きな話題となり、年間入館者数は昨年末に60万人を突破。このペースで推移すると、年度末に70万人到達の可能性も出てきました。
 今年度は、学術面においても大きな前進がありました。国内の化石の大半を産出する勝山市北谷では、新たな恐竜化石の発見を目指し、5ヵ年にわたる第4次発掘調査に着手しています。
 また、昨年4月に開設した福井県立大学恐竜学研究所では、研究活動を更に充実させるため、7年前から恐竜博物館と共同で発掘調査を進めてきた、タイの国立大学附属研究機関「コラート化石博物館」と、昨年12月に学術交流協定を締結しました。
 さらに、日本を含むアジア6ヵ国が参加する学術的組織「アジア恐竜協会」が昨年7月に発足。今年3月には、恐竜博物館などを会場に国際シンポジウムを開催し、アジア地域における恐竜研究の成果を世界に発信していきます。
 今年は舞鶴若狭自動車道が全線開通し、また、来年春までに北陸新幹線の金沢開業、さらに中部縦貫自動車道と北陸自動車道の接続が実現し、本県の奥越地域へのアクセスが格段に向上します。
 これらの高速交通網の整備に合わせ、いよいよこの夏、恐竜化石発掘現場で実物の足跡化石の見学や発掘体験ができる「野外恐竜博物館」がオープンします。
 この機会に、恐竜好きなお子さんから、深く学びたい恐竜マニアの方まで十分御満足いただける福井県立恐竜博物館に是非お越しください。

お問合せ
福井県立恐竜博物館
電話番号0779-88-0001
HP http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

福井県立恐竜博物館