「生きることが光になる」~糸賀一雄生誕100年記念事業~

糸賀一雄氏は、滋賀県から日本の障害福祉の礎をつくりあげた先人です。戦後まもない1946年、障害のある人たちに対する理解が乏しく、福祉制度が十分整っていなかった時代に、知的障害のある子どもや戦災孤児たちの教育と生活と療育の場である児童福祉施設「近江学園」をつくるなど、困難を克服しながら先駆的な実践を進められ、国の制度構築にも大きく寄与されたことから「障害福祉の父」と言われています。
 糸賀氏は、障害のある子どもたちとの共同生活の中に「共生社会」と「人がありのままに存在することの価値」を見出し、「この子らを世の光に」という言葉を残しました。
 平成26年3月29日に糸賀氏の生誕100年を迎えることから、今年度、滋賀県では糸賀氏の実践と理念を、広く県民の皆様に伝えるとともに、未来に受け継いでいくため、「生きることが光になる」をテーマに各種記念事業を実施しています。
 この3月には、糸賀氏らの直筆資料や講演音声・映像資料など展示する「糸賀一雄展」、そして記念事業のメインイベントである「糸賀一雄生誕100年記念式典」を開催します。
 記念事業をとおして、全国の皆さんに糸賀氏の取組や思いに触れ、「ありのままに生きること」の大切さと素晴らしさを改めて考えるとともに、自分にとっての「生きる道しるべ」を見つけていただければと願っています。

糸賀一雄展

会 期:3月4日(火曜日)~30日(日曜日)
会 場:滋賀県立近代美術館ギャラリー(大津市)

糸賀一雄生誕100年記念式典

開催日:3月29日(土曜日)~30日(日曜日)
会 場:栗東芸術文化会館さきら(栗東市)
プログラム
 第1部:    3月29日(土曜日) 県民参加パフォーマンスライブ「ほほえむちから」
 第2部:    3月30日(日曜日) 「糸賀一雄記念賞」授賞式、大江健三郎氏による記念講演等

糸賀一雄生誕100年記念事業
「生きることが光になる」総合サイト 
http://100.itogazaidan.jp/

お問合せ
滋賀県健康福祉部障害福祉課 
電話番号077-528-3542
HP http://www.pref.shiga.lg.jp/e/shogai/index.html

糸賀一雄