スポーツランドみやざき推進協議会が「東京五輪おもてなし部会」を発足!

2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックに向けて、日本代表、ジュニア強化などの合宿や海外チームの直前合宿を宮崎県内に誘致しようと、スポーツランドみやざき推進協議会は「東京五輪おもてなし部会」を発足しました。
 本県では、2020年に向けて食や自然、神話といった宮崎の魅力発信、観光客の誘客と受入れ態勢の充実、大会・合宿の誘致などに取り組む「(仮称)みやざき東京五輪おもてなしプロジェクト」の策定を進めており、同部会はこのプロジェクトに先駆けて設置したもので、県や宮崎市、五輪種目の県内各競技団体、観光関係団体などで構成しています。
 これまで、県では温暖で快適な気候を生かして、四季を通じて様々なスポーツを楽しめる「スポーツランドみやざき」の推進に取り組み、スポーツ合宿や大会の開催などを積極的に誘致してきました。
 その結果、プロ野球やJリーグを始めとする様々なスポーツ合宿などの実績は順調に推移しており、平成24年度の参加団体数、参加者数、延べ参加者数は過去最高の実績となりました。

 発足式で河野知事は「日本代表や海外チームの事前キャンプなどの誘致が実現すれば、宮崎を国内外にアピールする絶好のチャンス。(スポーツランドみやざきの)これまでの蓄積を最大限に生かしたい。」と抱負を語りました。
 部会では今後、各競技団体から強化合宿の実施予定や合宿地選び、誘致への課題などの情報を収集していく予定です。

東京五輪おもてなし部会