新型コロナウイルス緊急対策本部

暮らしと健康を守るため感染防止にご協力ください!

 全国的に、新型コロナウイルスの新規感染者数が増加傾向となっており、今年の夏を上回る感染の拡大に加えて、季節性インフルエンザとの同時流行も懸念されています。
 国民の皆様には、更なる感染の拡大を抑制し、社会経済活動を維持しながら、暮らしと健康を守るため、引き続き、基本的な感染対策の徹底をお願いします。

 

  • 発症や重症化を防ぐ効果を持続させるため、ワクチン接種を積極的にご検討ください。特に、若い世代の皆様や1・2回目接種を終えられていない皆様も自分自身と大切な人の健康を守るために接種をお願いします。接種券がお手元にある方は、種類にかかわらず年内に接種しましょう。
     
  • 近距離での会話など、場面に応じてマスクを正しく着用するとともに、手洗い、手指消毒、三密回避、換気といった基本的な感染対策を徹底しましょう。特に、定期的な換気が重要です。また、小さなお子様には大人が声を掛けるようにしましょう。
     
  • 外出する場合は、基本的な感染対策を再徹底するとともに、混雑を避け、時期を分散し、感染リスクの高い行動を控えるなど、「うつさない」、「うつらない」行動を心掛けましょう。旅行、イベントへの参加の際には、ワクチン接種や検査を積極的に活用し、感染リスクを減らしましょう。
     
  • 飲食時は感染リスクが高まります。外食は、都道府県の認証店など感染対策を講じたお店をご利用いただき、会話をする際はマスクを着用し、友人など親しい間柄であっても感染対策を徹底しましょう。
     
  • 発熱等の体調不良時に備えて、検査キットや解熱鎮痛薬等を、あらかじめ購入しておきましょう。
     
  • 発熱・咳など少しでも症状がある時は、ご家族も含め外出・移動を控えましょう。
     
  • 体調に不安がある場合は、検査キットによるセルフチェックや、事前に電話等で相談した上で、かかりつけ医等を受診してください。特に、症状が重い場合や高齢者・子ども・妊婦・基礎疾患のある方は早めの受診が重要です。

    令和4年11月17日

全国知事会  

令和4年度

令和3年度

令和2年度

平成31年度・令和元年度

新型コロナウイルス感染症ワクチン接種特別対策チーム

新型コロナウイルス対策検証・戦略WT