宮崎の陸の玄関口が生まれ変わりました!

県が昨年度から事業主体として進めてきた宮崎駅高千穂口(西口)駅前広場の再整備が令和2年10月に完了しました。JR九州と宮崎交通が整備を進めてきた大型商業施設「アミュプラザみやざき」も11月にオープンし、本県の陸の玄関口がにぎわいの拠点として明るく都市的な空間へと生まれ変わりました。これにより、中心市街地の活性化や観光・物産振興などさまざまな分野への波及効果が期待されます。

 駅前広場の舗装には、霧島連山・新燃岳の灰を使用したレンガブロックを1万枚以上使用しており、一部の裏面には、県民が書いた未来の宮崎に向けたメッセージが記入されています。

 河野知事も「この駅広から天岩戸開き!」というメッセージを記し、コロナ禍で閉塞感が漂う中、この宮崎駅前再開発が街のにぎわいを取り戻すきっかけとなり、その効果が県内全域へ波及することを祈念しました。

 また、宮崎駅前商店街「あみーろーど」から中心市街地を回遊するグリーンスローモビリティも運行が開始され、小さな子どもからお年寄りまで「宮崎のまち」を快適に楽しむことができるようになりました。こうして新たな人の流れが生まれることで、宮崎のおいしい食やあたたかな人との出会いを通して、より多くの人に宮崎の魅力を知ってもらうきっかけとしたいと考えています。

《問い合わせ先》

宮崎県 県土整備部 都市計画課 

0985-26-7192

 

11