「ソラシドエア サーフィンセンター木崎浜」オープン!

 宮崎市の木崎浜海岸は、東京オリンピック予選も兼ねた世界選手権である「2019 ISAワールドサーフィンゲームス」が開催され、今年8月には全日本サーフィン選手権の開催が決定するなど、宮崎県を代表するサーフスポットです。
 そんな木崎浜に今年4月、「ソラシドエア サーフィンセンター木崎浜」が新たにオープンしました。オープニングセレモニーでは除幕式が執り行われ、ネーミングライツ・スポンサー企業の「株式会社ソラシドエア」のコーポレートカラーでもあるピスタチオグリーンで彩られた施設看板がファンファーレとともに初披露されました。
 このサーフィンセンターには、コイン式温水シャワーや更衣室などを整備しているほか、放送設備やAEDも設置するなど、木崎浜のサーフィン環境の利便性と災害発生時の安全性をさらに向上させています。
 県ではサーフィンセンターを、世界トップクラスの選手らがプレーしたワールドサーフィンゲームスの大会レガシーとして木崎浜に整備することで、今後さらに「サーフランドみやざき」を国内外に発信していく中核的な施設になるものと考えています。
 さらに、ソラシドエアや日本サーフィン連盟をはじめとした関係機関と連携を深め、本県のサーフィン環境の素晴らしさを広く発信していくことで、サーフィンを活用した移住促進や観光誘客といった成果に結びつけていきます。

    《問い合わせ先》
    宮崎県スポーツランド推進室                                          
    TEL:(0985)26-7108