県屋外型トレーニング施設の建設開始!

 宮崎市のシーガイアオーシャンドーム跡地に、「宮崎県屋外型トレーニングセンター」の建設が4月4日から本格的に始動しました。
 天然芝のラグビー・サッカーグラウンドのほか、ハイブリット芝を敷いた多目的グラウンドや室内練習場、さらには、シャワーや空調付きのクラブハウス、トレーニングジムなどを一体的に整備します。
 クラブハウス内のロッカールームやトイレ、シャワー室は、可動間仕切りで男女やチーム別の使用に対応できるほか、間仕切られたルームごとに多目的トイレを設置するなど、高齢者や障がい者に配慮した設計となっています。
 また、室内練習場の周囲には、合宿利用者用の駐車場(100台程度)および大規模大会時などの観覧者用駐車場(300台程度)も用意しています。
 「宮崎県屋外型トレーニングセンター」は、令和5年4月1日の供用開始を予定しており、今後、来年に迫ったラグビーワールドカップフランス大会に向けた日本代表チームの合宿誘致や、2027年に開催予定の国民スポーツ大会を見据えた県内の競技団体などが主催する大会などで積極的に活用していきます。このトレーニング施設を通して、新たなスポーツキャンプの誘致やそれに伴う県外からの誘客の増加を図り、「スポーツランドみやざき」の一層の推進と県内経済への波及に繋げていきたいです。

   《問い合わせ先》
   宮崎県スポーツランド推進室
   TEL:(0985)26-7108

   屋外型トレーニングセンター