「日本一おいしい宮崎牛!」~全共4大会連続の内閣総理大臣賞受賞~

 10月6日から10日にかけて、鹿児島県で「第12回全国和牛能力共進会」(全共)が開催されました。全共とは、5年に1度、全国の優秀な和牛を一堂に集めて改良の成果や優秀性を競う全国規模の和牛の品評会のことで、別名「和牛のオリンピック」とも言われています。審査は雄牛、雌牛の体型を審査する「種牛の部(第1~6区)」と、肉質などを審査する「肉牛の部(第7~8区)」があり、各道府県から選抜された優秀な牛が出品されます。種牛の部、肉牛の部の優等賞首席の中から、各部の1点に、最高位の名誉賞である内閣総理大臣賞が授与されます。
 今大会において本県は、霜降り(サシ)だけでなく、消費者ニーズに合った「牛肉のおいしさ」を追求していくために新設された第7区(脂肪の質評価群)で、内閣総理大臣賞を獲得しました。これにより、史上初となる4大会連続の内閣総理大臣賞の受賞となりました。肉牛の部における内閣総理大臣賞の受賞は、宮崎牛の肉質の素晴らしさとおいしさを改めて証明するものになります。
 また、第3区(若雌の2)で優等賞首席を獲得したほか、全国最多の4部門で「特別賞」を獲得し、高校や農業大学校が出品する特別区では、小林秀峰高校が優等賞2席(全国2位)となりました。
 県では、口蹄疫の終息から12年を迎え、「チーム宮崎」が一丸となって成し遂げた功績を確実に次世代に引き継ぎながら、国内はもちろんのこと、海外に向けた情報発信の強化や輸出拡大などを通して、日本一になった宮崎牛のさらなる飛躍を推進していきます。

   《問い合わせ先》
   宮崎県畜産振興課
   TEL:(0985)26-7138

宮崎牛