Go to 首里城, Go to沖縄美ら海水族館

 国営沖縄記念公園の一部である首里城及び沖縄美ら海水族館等について、国から許可を受け、2019年2月から沖縄県による管理がスタートした。
 首里城公園は、昨年10月31日の火災以降、有料区域を閉場していたが、今年6月12日より一部開場し、世界文化遺産である正殿遺構等の一般公開、また、在りし日の首里城を体験できる「VR体験会」も行っている。今後、有料区域においては、展示、休憩、及びトイレといった機能を備えた施設を設置する予定で、復元過程の段階的公開と併せて、訪れる来場者へのさらなるサービス向上を目指している。


 沖縄美ら海水族館では、世界最長飼育記録を更新しているジンベエザメ以外にも、世界初や日本初展示の生物がいるので、是非探していただきたい。また、美ら海アプリ内「かざすAI図鑑」により、自分だけの美ら海図鑑を作るなど様々な楽しみ方ができる。さらに水族館近くにあるイルカラグーン・ウミガメ館では、「イルカ給餌体験・ウミガメ給餌体験」(各有料)を実施しており、イルカやウミガメを間近で見ながら餌をあげる事ができる。(実施時間等の詳細は水族館HPを参照ください。)
 なお、首里城・沖縄美ら海水族館では、サーモグラフィーの設置、消毒マットの設置、3密を防ぐため、観覧者が多い箇所への案内員の配置やフロアマーカーの設置など、新型コロナウイルス感染症予防策に万全を期しているので、安心してお楽しみいただきたい。

 

問合せ:沖縄県都市公園課 
TEL: 098-866-2035
FAX: 098-867-7875

首里城正殿

ウミガメ給餌体験

首里城公園

沖縄美ら海水族館