「C40気候変動東京会議」基調講演・シンポジウムの開催

 東京都は、10月に開催する「C40気候変動東京会議」に参加します。C40とは、世界5大陸の40大都市で構成する、世界大都市気候先導グループ(The Large Cities Climate Leadership Group)のことです。平成17年に、ロンドン市長の提案により、温室効果ガスの排出削減に取り組むネットワークとしてスタートしました。都は、世界の都市における優れたCO2削減事例を学び、都の政策形成に生かすとともに、都における先駆的な気候変動対策、技術を世界の都市にアピールしていくため、平成18年12月から参加しています。
 今回の東京会議では、世界的に活躍する専門家を招いて専門的知見を披瀝してもらい、危機感を共有し、その上で、CO2の削減策に加え、異常気象や自然災害、食糧問題などへの適応策について、世界の大都市間で初めて重点的に議論します。会議出席者は、C40会員都市等の実務責任者(副市長、局長等)を予定しています。
 C40気候変動東京会議開催にあわせて、10月22日、東京芸術劇場(豊島区西池袋)で国内外の環境に関する専門家による基調講演・シンポジウムを開催します。
 基調講演は「気候変動の影響及び都市における適切な適応策について」というテーマでマーティン・パリー氏(気候変動に関する政府間パネル(IPCC)適応作業部会議長)によって行われます。シンポジウムは「迫り来る気候変動の脅威と低炭素都市の実現に向けた適応策について」というテーマで、マーティン・パリー氏(基調講演者)、アティク・ラーマン氏(バングラデシュ高等研究センターエグゼクティブディレクター)、シンシア・ローゼンツヴァイク氏(NASAゴダード宇宙科学研究所上級研究員)、山本良一氏(東京大学生産技術研究所教授)をパネリストに、コーディネーターには末吉竹二郎氏(国連環境計画金融イニシアチブ特別顧問)を迎えて行われます。

〔基調講演・シンポジウムの概要〕

  1. 日時:平成20年10月22日(水曜日)10時から13時まで
  2. 会場:東京芸術劇場 大ホール(東京都豊島区西池袋1-8-1)
  3. プログラム:開会挨拶(10時~)
    石原慎太郎東京都知事、基調講演(10時15分~)、
    シンポジウム(11時20分~13時)
  4. 募集人数:1,000名(先着順。定員になり次第、締め切ります。入場 無料。同時通訳付き)
  5. 申込方法
    下記のいずれかの方法で申込み
    (申込期間8月1日から9月30日まで)
  • C40気候変動東京会議ウェブサイト(http://www.c40tokyo.jp/)に
    アクセスし、専用申込フォームから申込み
  • ファクス 03-3402-6879にて、名前、住所、電話、Eメール、会社、学校、団体名、
    参加人数を記入のうえ申込み

【お問い合わせ】
知事本局外務部外務課
電話番号 03-5388-2192