来月から「仙台・宮城デスティネーションキャンペーン」がスタート

 宮城県では、いよいよ来月から、「仙台・宮城デスティネーションキャンペーン」がスタートします。キャンペーン期間中の10月から12月には、県内各地で、魅力あふれるさまざまなイベントなどが開催されます。
 その中でも目玉は、21年ぶりにJR東北本線で運行されるSL「仙台・宮城DC号(D51)」。10月1日(水曜日)、4日(土曜日)、5日(日曜日)に仙台駅と小牛田駅間を走ります。
 また、日本三景松島では、円通院庭園の紅葉や瑞巌寺の洞窟群、観瀾亭のケヤキなどをライトアップする「松島紅葉ライトアップ」が行われます。瑞巌寺の夜間参拝や月を見ながらの遊覧船上でのミニコンサートなどと併せて、夜の松島が楽しめます。
 このほか、最高級の仙台牛を格安で味わえる「仙台牛フェア」や金華ブランドの食材を使った金華寿司食べ放題の「金華寿司食い倒れフェスタ」、さまざまなフカヒレ料理が味わえる「フカヒレウィーク」など、おいしい食のイベントも盛りだくさんです。
 宮城を訪れる皆さんに満足していただけるよう、趣向を凝らしたイベントなどを用意して、皆さんのお越しをお待ちしていますので、宮城を訪れたことがない方はもちろん、訪れたことがある方も、是非、この機会に宮城にお越しください。

【お問い合わせ】
仙台・宮城デスティネーション
キャンペーン推進協議会事務局
電話番号 022-211-2895
HPhttp://www.sendaimiyagidc.jp/

キャッチフレーズ・シンボルマーク