石川生まれのぶどう「ルビーロマン」デビュー

 石川県では、特色ある農産物を戦略作物として位置付け、ブランド化に向けて関係機関と一体となって取り組んでいます。
 その一つ、農業総合研究センター砂丘地農業試験場が平成7年から開発に取り組み、育成したぶどうの新品種「ルビーロマン」が8月10日、初出荷されました。
 この「ルビーロマン」という名称は、"ルビーのように赤く艶やかな色彩と大きさにロマンが感じられ、広く県民に親しまれやすい"という理由で一般公募により決定しました。
 主な特徴としては、

  1. 甘くてジューシー【酸味が少なく、上品な甘さで果汁が豊富】
  2. 赤色の大粒ぶどう【珍しい赤色の品種で、巨峰の約2倍と国内最大級の大きさ】
  3. 皮が剥きやすく食べやすい

などが挙げられます。
 翌11日には、谷本知事によるPRの後、初競りが行われ、最高で1房10万円の値をつけるなど大変な盛り上がりを見せました。 
 今年は、9月上旬頃までに約1,500房が県内に限って出荷されますが、今後は生産量を拡大し、「石川県の宝」として全国に通じるブランド品目になることを目指していきます。

【お問い合わせ】
石川県生産流通課
電話番号 076-225-1621

今年初出荷されたルビーロマン