「神奈川県バリアフリーまちづくり賞」を創設

 神奈川県では、誰もが自由に移動し、社会に参加することができる社会を目指し、「神奈川県バリアフリーまちづくり賞」を創設しました。
 この表彰制度は、市町村等から推薦があった、誰もが利用しやすいように配慮された建築物・公共交通機関等の施設整備(ハード部門)と福祉のまちづくりの推進・普及に係る活動(ソフト部門)の中から、優れた取組みを表彰するものです。
 第1回となる今回は、審査会(委員長 高橋儀平東洋大学教授)での審査を経て次の四つの取組みに決定し、2月17日に表彰式を行いました。

ハード部門 2件

  1. 「箱根ロープウェイ駅舎・ターミナル、ゴンドラ、箱根海賊船」
    観光地「箱根」の交通ネットワークの整備として、箱根ロープウェイの駅舎やターミナル、ゴンドラ及び箱根海賊船の改良を併せて実施し、一体的・連続的にバリアフリー化を進め、安全で快適な移動経路の実現を図った。
  2. 「大和市立光丘中学校」
    中学校の建替に当たり、生徒、保護者、教職員、市民などさまざまな利用者の視点を重視し、車椅子使用者やオストメイトの方も利用できる多機能トイレ、エレベーターのほか、ベビーシートや授乳スペースを設置するなど、きめ細かく誰にも使いやすい学校施設づくりを行った。

ソフト部門 2件

  1. 「バリアフリー・まち点検実行委員会」
     愛川町の住民が実行委員会を組織し、小・中・高等学校や福祉関係団体等と連携して、継続的にバリアフリー・まち点検活動や点検結果に基づくまちづくり提案を行い、道路等の改善に結びつけるなど実績を上げた。また、あわせて活動を通じて若い世代に対する心のバリアフリーに取り組んだ。
  2. 「みうら青年ボランティアビューロー」
     高校生を中心としたボランティア団体が、自ら車椅子で三浦市内の施設を点検し、三浦市と協働してバリアフリーマップを作成した。加えて、福祉ボランティア学習の補助や子育て支援活動などを通じ、心のバリアフリーに取り組んだ。

 受賞した事例は、いずれもさまざまな利用者の視点を重視しており、他の模範となるものです。この表彰を機に、誰もが住みよいまちづくりが広がっていくことを期待しています。

【お問い合わせ】
保健福祉部地域保健福祉課
電話番号 045-210-4750

kanagawa200903-1.JPG

受賞者と知事との記念撮影

kanagawa200903-2.JPG

改良された箱根ロープウェイ