近畿自動車道紀勢線の大宮大台IC~紀勢大内山IC間が開通

 NEXCO中日本(中日本高速道路株式会社)が建設を進めてきた近畿自動車道紀勢線(紀勢自動車道)の大宮大台インターチェンジから紀勢大内山インターチェンジ間(延長約10キロメートル)が2月7日に開通しました。これにより、並行する国道42号と比べると、時間で約10分、距離で約4キロメートル短縮されます。
 近畿自動車道紀勢線は、三重県南部地域の産業振興や、観光による誘客などの地域の活性化に寄与しています。また、災害時の緊急輸送道路としての機能確保や救急医療における搬送路として、防災、医療、福祉など地域住民の安全・安心を確保する「新たな命の道」であり、大変重要な道路です。
 このため、三重県では、全国からたくさんの方々が三重県を訪れる平成25年の伊勢神宮の「第62回神宮式年遷宮」に向けて、近畿自動車道紀勢線が一日も早く全線が開通するよう、全力で取り組んでいきます。

mie200903.JPG