障害のある方もない方もみんな一緒に「バリアフリー映画祭」

 滋賀県では、第8回全国障害者芸術・文化祭を、1年間を通して県内各地で開催しています。「障害」の枠にとらわれず、人間本来の持つ共通普遍的な表現の力と表現活動の芸術性・文化性を滋賀から全国に情報発信し、「ボーダレス」な芸術・文化活動の環境を創造することを目指しています。
 この大会では、地域で取り組まれてきた、障害のある方々の造形活動や舞台での表現活動などさまざまな活動にスポットを当て、展覧会や音楽祭などさまざまな事業を繰り広げ、人間の内面から溢れてくるエネルギー豊かな表現力を多くの方々に感じていただくことができました。
 大会の締めくくりとなるバリアフリー映画祭は、情景描写やストーリーの流れを感じ取ることのできるていねいな副音声と日本語字幕を用いて、視覚や聴覚に障害のある方にも楽しんでもらえる工夫を凝らし、実際の映画館で、障害のある方と、障害のない方とが一緒になって映画を鑑賞していただこうとしています。
 上映作品には、今年の初夏に全国公開予定の未公開作品や、人気のジブリ作品を用意し、上映作品の監督や出演者に舞台挨拶に登場いただき、生で映画を語ってもらいますので、全国から皆様のお越しをお待ちしています。
 この大会での取組みをステップとして、これからも障害のある方の文化・芸術活動を滋賀から全国にどんどん発信していきますので、どうぞ、ご期待下さい。

【お問い合わせ】
大会実行委員会事務局
滋賀県社会福祉事業団企画事業部
電話番号 0748-31-2481
ファックス番号 0748-31-2482
HP http://www.art-borderless.com/

shiga200903.JPG