佐賀県とマイクロソフトが地域活性化協働プログラムを提携

 佐賀県は、マイクロソフト株式会社(本社:東京都渋谷区)と、ICT(情報通信技術)利活用の促進を通して、佐賀県内のさらなる地域活性化を目指していくことで2月3日に覚書を締結しました。
 同社は、企業市民活動として、これまで自治体と個別事業について連携してきましたが、佐賀県は同社から複数のプログラムを包括的に提供される全国初の自治体です。
 古川知事は、「佐賀県とマイクロソフトの取組みを広く県民の皆様に広げて行きたい。一人でも多くの人々にICTの便利さを、使って、感じていただきたい。」と述べ、樋口代表執行役社長は「社会貢献活動のモデルとして是非佐賀で成功させ、サクセスストーリーとして同じ課題を抱える自治体様へも一緒になってご紹介させていただきたい。」と決意を表明されました。
 協働プログラムの内容は、高齢者向けセミナーや講師育成研修、インターネットを安全に使うためのセキュリティー技術の講習会用コンテンツの提供などです。市民社会組織(CSO)が事業運営を効率化するのに役立つICT講座や、小中学校の教職員がICTを活用して授業に取り組むための実践的なオンライン研修、先進的授業例などの共有も行います。

古川知事とマイクロソフトの樋口代表執行役社長