琵琶湖ルールを改正しました!

 滋賀県では、レジャー活動に伴う環境への負荷の低減を図り、琵琶湖の自然環境及びその周辺における生活環境を保全するため、水上オートバイなどのプレジャーボート(以下「ボート」)の航行に関する規制や釣った外来魚の再放流禁止などを定めた「滋賀県琵琶湖のレジャー利用の適正化に関する条例」(通称「琵琶湖ルール」)を平成15年に施行しました。
 特にボートについては、周辺住宅への騒音を低減させるため航行を規制する水域等を設けています。また、水質への影響を低減させるため、未燃焼のガソリンやエンジンオイルが排ガスに多く混入する従来型2サイクルエンジンのボートについては本年3月末までの経過措置を設け、原則使用禁止としました。
 この度、条例施行後8年が経過し、4サイクルエンジンなどの環境対策型エンジンへの転換が進んだことなどにより、本年4月から従来型2サイクルエンジンのボートの使用を全面禁止しました。さらに平成24年10月からは、琵琶湖で航行できるボートには、県が交付する適合証の表示を義務付け、これらに違反した場合には過料を科すこととしています。
 また、水生動物の増殖場・養殖場への曳き波の影響を防止するため、ボートがウェイクボード等をえい航して航行することを禁止する水域や、他のレジャー利用者に水上オートバイが著しく迷惑を及ぼすことを防止するため、その利用を禁止する水域を新設しました。
 滋賀県では、ボート利用者やマリーナの皆さんとともに、琵琶湖と共生するレジャースタイルの確立に向けた取組を進めてまいります。

お問合せ
琵琶湖レジャー対策室
電話番号 077-528-3485
HP http://www.pref.shiga.jp/d/leisure/

shiga201104.jpg

近江舞子水泳場(大津市南小松)