「やまなし暮らし支援センター」東京・有楽町にオープン

 山梨県では、定住人口確保対策の一環として、移住や二地域居住を考える方に、住宅情報、生活情報、就職情報などをワンストップで提供する総合相談窓口「やまなし暮らし支援センター」を6月1日、東京・有楽町にオープンしました。
 オープン当日は、山梨の魅力を語るトークセッションを行ったところ、会場が満員になるほどの来場者があり、また、移住相談にもたくさんの方が訪れ、幸先の良い滑り出しになりました。
 やまなし暮らし支援センターの開設時間は10時~18時(日曜・祝日・年末年始は休業)。移住専門相談員とU・Iターン就職専門相談員各1名が常駐し、随時、相談に対応しています。移住希望者は、県内全27市町村のセミナー・相談会の開催情報、住宅情報、就職情報などを収集することができ、必要に応じて、市町村窓口や就農窓口などへの紹介や取次ぎも行います。

 また、年10回、日曜日に「やまなし暮らしセミナー」を開催し、移住者による田舎暮らし体験談を交えながら、県内市町村の魅力などを発信しています。
 このセンターを効果的に機能させるため、山梨県では市町村の相談・受入れ体制充実のための支援も行っています。移住相談者のニーズを的確に把握し、速やかな対応とスムーズなフォローをするための市町村担当者向けの研修会や、先進的な事例を学ぶ講演会を開催しています。
 さらに、官民一体となった取組として、全国初となる「定住人口確保に関する連携協定」を山梨中央銀行と締結。同行の都内各支店長を「やまなし移住アドバイザー」に任命し、各支店で移住希望者の相談に対応してもらい、必要に応じて、やまなし暮らし支援センターを紹介する体制が整いました。今後は、移住者向けの低利な住宅ローン開発など、定住人口確保に関する取組全般において様々な協力をしていただくことになっています。
 センター開設は、山梨県の移住施策のゴールではありません。やまなし暮らし支援センターは、都市に暮らす方々と山梨をつなぐ扉であり、ますます多くの方に山梨の魅力を知ってもらい、訪れ、移住をしていただけるようにお手伝いをしていきます。

お問合せ
やまなし暮らし支援センター
電話番号03-6273-4306
山梨県観光部観光振興課移住・交流推進担当
電話番号055-223-1573

やまなし暮らし支援センター