長野県は「日本一のおもてなし県」になります!

 日本人の気配りの心、おもいやりの心、相手の気持ちを察して行う「おもてなし」は今、世界からも注目されています。
そんな中、長野県は、「日本一のおもてなし県」を目指すため、「ずく出し!知恵出し!おもてなし」プロジェクトを11月にスタートさせました。
 四季折々の美しい自然や雄大な山並みを有する長野県。
この恵みの中で先人たちは、美しい景観や伝統・文化といった地域の魅力を育むかたわら、当たり前のように隣人を助ける思いやりや、共に幸せに暮らす気配りなどの「おもてなし」の気持ちをもって、人と人とのつながりを大切にしてきました。
 こうしたおもてなしの伝統を生かして、県民みんなで考え、みんなで実行することにより、信州のすみずみまで"おもてなし"で満たすプロジェクトが、「ずく出し!知恵出し!おもてなし」プロジェクトです。
 「ずく」とは、長野県の方言で、"骨惜しみせず精を出して働く"というような意味ですが、他の言葉ではうまく置き換えられないニュアンスがある、信州独特の表現です。

このプロジェクトでは、このちょっとの「ずく」を出して、ともすれば忘れてしまいがちな「おもてなしの心」を実行に移し、長野県に暮らす人たちも、訪れる方々も、みんなが「しあわせ信州」を実感できるような、「日本一のおもてなし県」を県民一体となって目指します。
 地域、職場、観光案内など、あらゆる場面で、相手の気持ちになって行う「おもてなし」を、県民の皆様に宣言していただく「ずく出し!知恵出し!おもてなし宣言」の募集や、地域のおもてなしをリードしていく人材を育成する「信州おもてなし未来塾」、きらりと光る「おもてなし」を行う企業・団体を表彰する「おもてなし大賞」などにより、信州人の心に刻まれている、おもてなしの心を掘り起こし、未来につないでいきます。

お問合せ
長野県観光部観光振興課
電話番号026-235-7253
HP http://www.omotenashi-nagano.net/index.html

アルクマ