本文へスキップします。

全国知事会

 メニュー

TOP先進政策バンク先進政策バンク詳細ページ

先進政策バンク詳細ページ

印刷

タイトル 水と光のまちづくりの推進について
施策・事業名称 水と光とみどりのまちづくり推進事業
都道府県名 大阪府
分野 地域振興・まちづくり
内容 大阪では、都心部に河川が「ロ」の字に囲む水の回廊があり、水都大阪を象徴する風景となっている。この特徴を活かし、平成13年、第3次都市再生プロジェクトの指定を受けるなど、府・市・経済界が一体となって、水辺を活かした魅力づくりによって水都大阪のブランディングに取り組んできた。

【主な課題】 10年以上にわたる水都再生に向けた取り組みを再重点化
・民間が主体となり、都市魅力創造に再投資する持続可能な仕組みの構築
・全国からヒト・モノ・投資を呼び込む戦略的プロモーションの実現

【目標】 水と光の首都大阪の実現
・世界の都市間競争に打ち勝つ「水と光の首都大阪」を実現する
・水都の特徴を生かした新たな民間投資の誘引や、ビジネスモデルの構築により経済の活性化を図る
・さらなる都市ブランドの向上やシビックプライドの醸成を目指す
(シンボル空間の創出、プロモーション戦略)

◆取組み内容
・平成25年度~
取組みの基本方針を審議決定する「決定機関」として、「水と光のまちづくり推進会議」、具体的な活動に取り組む「執行機関」として「水都大阪パートナーズ」、さらに水辺空間の利活用に関する大阪府市の関係部局による合同組織「水と光のまちづくり支援本部(水都大阪オーソリティ)」を設置。
・平成29年度~
「水都大阪パートナーズ」の4年間の取組みを終え、平成29年度より水都大阪のさらなる成長をめざす公民共通のプラットフォーム「水都大阪コンソーシアム」を設立した。

◆参考:過去3年間の取組み成果
○令和3年度
・令和3年度は、にぎわい・舟運の復活を優先するとともに、恒久的なにぎわい創出・基盤整備や新たな魅力づくりに取り組んだ。
・また、当該年度の秋季より、年間を通じ四季折々に応じたイベントを実施する「水都大阪ウィーク」を開始した。
・夏:「涼み舟」(夏のクルーズ支援)(8月)
・秋の水都大阪ウィーク:「リバー・ザ・ワンダーパレード」、「熱気球体験」(10月)
・冬の水都大阪ウィーク:「天神橋らせんスロープライト」、「クリスマス音楽パフォーマンス船」(12月)
・春の水都大阪ウィーク:「川開きイベント」、「水辺のさくら回廊」、「水辺の憩いの広場」(R4年3~4月)

○令和4年度
・令和4年度は、コロナ禍に対応しつつ、万博に向けて、にぎわい・舟運の次なる成長をねらうことを事業の方向性として各取組みを行った。
・前年度に引き続き、「水都大阪ウィーク」と称して、四季折々にイベントを実施した。
・春の水都大阪ウィーク:「水の都のお花見絵巻」、「Sound of Rose Garden」(3~5月)
・夏の水都大阪ウィーク:「涼み舟2022」(7~8月)
・秋の水都大阪ウィーク:「なにわの水辺百景」(11月)
・冬の水都大阪ウィーク:「はちけんや くつろぎnight」(12月)

○令和5年度
・令和5年度は、万博を契機に、新たな船着場の活用等による乗船機会の創出や、水都大阪のファンづくりとブランディングのさらなる強化を事業の方向性として各取組みを行った。
・春の水都大阪ウィーク:「水辺の憩いの広場・水辺のさくら回廊」、「Sound of Rose Garden」(3~5月)
・夏の水都大阪ウィーク:「涼み舟2023」(7~8月)
・秋の水都大阪ウィーク:「中之島まんぷくクルーズ祭」(10月)
・冬の水都大阪ウィーク:「中之島EAST 水辺の散歩道」(11月~12月)
関連
ホームページ
http://www.pref.osaka.lg.jp/toshimiryoku/suito_auth/
本件問合先 水都大阪コンソーシアム(大阪府府民文化部都市魅力創造局魅力づくり推進課内)
06-6210-9311
toshimiryoku-g04@sbox.pref.osaka.lg.jp