宮崎カーフェリー新船就航!

 「宮崎-神戸」間を運航する宮崎カーフェリーの1隻目の新船となる「フェリーたかちほ」が4月15日に就航しました。
 県外からの誘客だけでなく、宮崎から都市部へ農産物などを大量かつ安定的に輸送するカーフェリー航路は「本県経済の生命線」であり、四半世紀ぶりの新船就航にあたっては「オールみやざき」体制で支援してきたところです。
 新船の船内は、宮崎の温暖な気候や豊かなトロピカルフルーツをイメージした暖かな色彩を基調に、宮崎の伝統芸能「神楽」で使用される「彫り物(えりもの)」の切り絵をモチーフにしたデザインが施されています。
 よりプライベートな空間で船旅を満喫できるよう、従来の船と比べ個室を大幅に増やしているほか、「バリアフリールーム」やペットと共に宿泊できる「ウィズペットルーム」なども新たに設けられ、現代の多様なニーズに合わせての利用が可能となっています。
このほかコンサートやトークショー、グルメフェアなど、船旅ならではのゆったりとした時間を楽しめる演出も予定されています。
 また、トラック積載台数の増加により、大量輸送機関としてモーダルシフトの推進や流通業界のドライバー不足への課題解決にも期待が寄せられています。
 今年の10月には2隻目の新船「フェリーろっこう」も就航予定であり、新船就航を契機としてこれまで以上に人流、物流が増え、宮崎と全国各地との交流が盛んになることを期待しています。

   《問い合わせ先》
   宮崎県総合交通課                                          
   TEL:(0985)26-7038

   フェリー