沖縄空手をユネスコ無形文化遺産へ~沖縄が世界に誇る伝統文化の特徴と魅力~

沖縄空手とは

 沖縄空手は、沖縄で培われた伝統的な技法を残す武術で、護身や心身の鍛練を目的としている。沖縄の歴史・風土に育まれた礼節を重んじ平和を尊ぶ精神性を
特徴とし、地域行事やお祭りで演武が披露され、また学校教育にも取り入れられるなど、人々の生活に密着・浸透し大切に継承されてきた。
 沖縄空手は、町道場における子弟関係や「型」を中心とする徹底した自己鍛錬により、他者への思いやりの心を育み、年齢や性別、障害の有無、さらには、人種、国籍、言語、宗教、思想信条等の垣根なく誰でも学ぶことができることから、持続可能な社会の構築に貢献している。
 また、大会やセミナー等を通じて、県外や海外を含めたさまざまなレベルのコミュニティ間の交流促進やネットワーク形成に寄与している。
 沖縄で誕生した空手は、現在、世界で1億3千万人もの愛好家がいるといわれ、オリンピック種目に採用されるなど、その精神は世界へ羽ばたいている。

 

ユネスコ登録によって期待される効果

 沖縄県では、玉城デニー知事を会長として幅広い分野の関係機関・団体で構成する協議会を設置し、沖縄空手のユネスコ登録に取り組んでいる。
 沖縄空手の登録は、沖縄が世界に誇る伝統文化の価値を県民が再認識する契機となるとともに、国内外における認知度の向上につながることから、その将来にわたる保存・継承と普及・啓発に寄与するのみならず、空手を通じた交流の拡大により、地域社会の発展や世界の平和文化の創造に貢献するものである。

《問い合わせ先》沖縄県空手振興課 TEL098-866-2232