誰もが自分らしく幸せに生きることのできる沖縄を目指して

 沖縄県では、全ての県民の尊厳を等しく守り、個々の違いを認め合い、互いに尊重しあう共生の社会づくりを目指し、2021年3月、『沖縄県性の多様性尊重宣言「美ら島(ちゅらしま)にじいろ宣言」』を行った。
 2020年度に本県が実施した調査によると、7割以上の方が「性的少数者を性の多様性として認める必要がある」や「理解に努めようと思う」など、性の多様性を尊重する考えを持っていることがわかった。
 これを踏まえ、本県は性の多様性の尊重について、県が取り組む方向性を県民に示し、共有することが重要であるとの認識のもと、宣言を行うことを決定した。
 宣言文には、多様な性に関する無関心・無理解により、差別や偏見にさらされ、時に命まで失ってしまうことがあるという現実や、性の多様性を尊重することは、全ての人の命を大切にし、共に生きやすい社会を目指すことであり、次代を担う子どもたちが、夢や希望を持って健やかに生きられる社会を創ることにつながることを明記している。
 沖縄県ではこの宣言を皮切りとして、個人の尊厳や多様性が尊重される心豊かな活力ある沖縄の実現を目指して取り組んでいく。

《問い合わせ先》沖縄県女性力・平和推進課 TEL098-866-2500