「仕事と子育ての両立」応援フォーラムin茨城を開催

 本県では、企業が行う子育て支援の在り方や取り組むべき課題について共に考え、仕事と生活の調和がとれた働き方を実現するため、今年1月に、社団法人全国保健センター連合会と共同で「仕事と子育ての両立」応援フォーラムin茨城を開催しました。
 最初に行われた「子育て応援企業表彰式」では、事業所内託児施設の設置や男性の育児参加を促進するための職場環境づくり、大学との連携による店舗内一時保育室の運営など、特色ある取組みを行って顕著な成果を上げた五つの企業・事業所を表彰しました。続いて、木谷宏学習院大学特別客員教授が「会社が変わる社会が変わる ワーク・ライフ・バランス」というタイトルで、少子化時代における企業や人材の在り方、働き方改革について基調講演を行いました。パネルディスカッションでは、6人のパネリストがそれぞれの企業などにおける子育て支援の具体的な取組みについて事例発表し、活発な意見交換が行われました。会場いっぱいに集まった参加者は、ワーク・ライフ・バランスの意義や企業などの取組み事例などに熱心に耳を傾けていました。
 本県では、仕事と家庭両立支援奨励金の支給を始め、子育て応援宣言企業登録制度や子育て家庭優待制度など、さまざまな取組みを行っています。今後とも地域や企業と連携しながら、結婚・出産・子育てのしやすい環境づくりを進めていきます。

ibaraki200903.JPG

平成20年度子育て応援企業表彰受賞企業