生まれ変わる信玄公祭り「甲州軍団出陣」にご期待ください!

 山梨県では、4月10日(金曜日)から12日(日曜日)までの3日間、甲府駅前と舞鶴城公園をメイン会場として、戦国の雄、武田信玄公の遺徳を偲ぶ信玄公祭りを開催します。
 4月11日(土曜日)に行うこの祭りのメイン「甲州軍団出陣」は、今から400余年前、宿敵上杉謙信と勝敗を決するため川中島の合戦へ出陣していった甲州軍団の勇姿を再現するものです。はためく風林火山の旗の下、夕闇に燃えさかるかがり火に照らされ、信玄公と武田24将の甲州軍団1,500騎の鎧武者が一大戦国絵巻をくりひろげます。
 昭和45年の第1回開催から歴史と伝統を重ね、来年は第40回という節目の年を迎えます。実行委員会では、この節目の開催に向けて、信玄公祭りをより魅力的なものにするための取組みを進めています。
 その一環として、今年の祭りでは、世界的な画家ジョルジュ・ルオーが描いた幻の戦国武者絵や、最後の天才浮世絵師と言われる月岡芳年の作品を用いた斬新なポスターを作成しました。
 また、ロサンゼルス五輪金メダリストで柔道家の山下泰裕さんを信玄公役にお迎するとともに、甲府駅前の特設ステージでは、プロの演出家が迫力と動きのある信玄公本陣を演出します。
 さらに、一昨年の大河ドラマ「風林火山」の撮影が行われた、北杜市の風林火山館での信玄公祭り御前大茶会の開催、観光客や県民が参加できる提灯行列などの新規イベントを導入し、皆様をお迎えします。
 この時期の山梨は、桃の花が甲府盆地をピンク色に染め上げ、まさに桃源郷となります。
 この機会に山梨を訪れ、生まれ変わる信玄公祭りと桃生産量日本一の山梨ならではの景色をお楽しみください。

【お問い合わせ】
山梨県観光振興課
電話番号 055-223-1573

yamanashi200903.JPG

信玄公祭りのポスター