県庁玄関ホールリニューアル

 奈良公園は、国内外から年間1,000万人以上の来訪者が訪れる日本を代表する観光地で、世界遺産「古都奈良の文化財」にも登録された春日大社、興福寺、東大寺などを始めとした数多くの資源が存在しています。

 この奈良公園を「世界に誇れる奈良公園」とするため、平成24年2月に『奈良公園基本戦略』を策定したところです。
 『奈良公園基本戦略』の中では、県庁舎が奈良公園のエントランスに位置し、「周遊を支援する施設等の整備」をすることとしており、今回、この施策の一つとして、県庁玄関ホールをリニューアルしたところです。
 県庁舎は、奈良公園のエントランスとして一般開放している屋上や食堂などを中心に、県民や観光客が多数訪れています。
 しかしながら、その正面玄関は、大きな階段があるなど、手狭で県民や観光客へのおもてなしが十分ではありませんでした。
 このため、壁面に奈良県産材の杉や檜を用いることで、奈良の木の「かおり」、「ぬくもり」を体感してもらえるようになりました。木の温かく優しい色と香りは、心を癒やしてくれます。
 また、デジタルサイネージを設置することにより、県庁を訪れる観光客や県民の方々に、観光情報や防災情報などの情報を発信していくこととしています。
 県庁玄関ホールには、「せんとくん」「しかさん」がおり、皆様をお迎えしておりますので、是非、奈良公園、県庁にお越し下さい。

お問合せ
奈良県奈良公園室
電話番号0742-27-8036
HP http://www.pref.nara.jp/item/103194.htm

県庁玄関ホール

県庁玄関ホール