"いただきます!福岡のおいしい幸せ"~食育・地産地消を県民運動として展開します~

 福岡県は、508万人の人口を有する大消費地であるとともに、「あまおう」や「元気つくし」など、全国に誇れる豊かな食材の生産地でもあります。
 県ではこれまで、食とそれを支える農林水産業の重要性について、県民の皆様に理解を深めていただき、県内の豊かな食材を食べていただく、食育・地産地消の取組を進めてきました。
 その結果、県内の米飯学校給食全てが県産米となり、県産果実の利用量もこの2年間で40%増加するなどの成果を挙げています。また、一昨年創設した「ふくおかの農業応援団」の「応援ファミリー」の登録数が約11,000世帯、「応援の店」が約400店となるなど、その取組は着実に前進しているところです。
 このような中、さらに食育・地産地消を広げるため、今年6月、県内39の関係団体で構成する「食育・地産地消ふくおか県民会議」を設立しました。今後、食育ボランティア等による親子調理体験教室等による食生活改善の啓発や、11月を「食育・地産地消月間」に設定し、市町村、学校、企業などが時期を合わせて各種イベントを開催するなど、関係者が一体となって様々な取組を実施する予定です。
 県では、今後、県民の健康で安全・安心な生活の実現と本県農林水産業の更なる発展を目指し、"いただきます!福岡のおいしい幸せ"を県民スローガンとして掲げ、県民運動を展開します。

お問合せ
福岡県食の安全・地産地消課
電話番号092-643-3575 
HP http://f-ouen.com

県産農林水産物を積極的に利用